バーチャルレストランFC事業

バーチャルレストランは、実店舗を持っていなくても、にデリバリー事業者を介して商品販売を行う飲食店です。(もちろん、実店舗で別ブランドの提供も可能!)

魅力的なオリジナル25ブランドを全てご提供!

VR一覧.png
ブラータチーズ
沖縄そば (4)
ローストビーフ丼3
スプレッドチーズWaffle & デビルスパイスチキンset3
%E6%B2%B9%E6%B7%8B%E9%B6%8F_edited
イクラ丼
魯肉飯(ルーロウハン)
%E3%83%AD%E3%83%96%E3%82%AA%E3%83%A0_edi
デミソース
%E7%9B%9B%E3%82%8A%E9%87%8E%E8%8F%9C_edi

なぜバーチャルレストランか?

【低コストで開業が可能】

・キッチンスペースとデリバリー可能なシステムがあれば開業できるので、実店舗がいりません。

・三等立地であれば低コストで開業することも可能です。

 

・接客業務がないので、人件費を抑えることができます。

【経営効率がアップ】

・現在、飲食店をお持ちの場合、既存の資産を活用することができます。

 

・一つのキッチンで複数のブランドを立ち上げることで、売上増が期待できます。

 

​・追加の人件費がかかりません。

​3つの特徴

1.シンプルなオペレーション

・調理人でなくても大丈夫、シンプルなオペレーション

・商品アイテムは廃棄ロスを抑えられるように選定

​・一括発注のシステムでかんたん発注

2.トレンドや趣向に合わせて、魅力的な業態を選択可能

・プラットフォーム事業で得たデータを元に、25種類の売れ筋業態から選べます。​

3.地方立地でも安定した売上の確保

・地方立地でも、1業態の最高月商140万円(弊社さくさくデリバリーの実績)

・バーチャルレストランの平均月商約100万円(2021年1月〜3月実績)​

くわしくは

​下記のPDF資料をご覧いただくか、

お問い合わせフォーム

からお問い合わせください。